飲食店のマーケティング調査(現地調査)

  1. ホーム 
  2. 失敗しないアンケートの作り方・マーケティング調査のノウハウ 

飲食店が新規開店前にすべき現地調査(マーケティング調査)

飲食業界のお仕事ですと新しく飲食店を始める前に、店舗コンセプトを決めるためのマーケティング調査を依頼されることがあります。
どのような場所柄にするのか、どのような人が住んでいるのか、その人たちにはどのようなお店がフィットするのか・・・、ピタッと合うコンセプトを考えるのはとてもワクワクすることですね。

飲食店の新規開業をされる方にもぜひやって頂きたいのが現地調査です。
持ち前の勘で「ここだ!」とひらめくことも捨て置けない(むしろ勘が冴えているかたもいらっしゃる)ですが、データも活用されるとより確実性が高まって、大きく失敗する危険を避けられます。

そのための情報収集ですが、例えば「○○県の○○市か○○市で考えている」といったようなまだ出店地も決まっていない場合は、まずは大枠を決めるデータ収集から始めます。
昼間人口・夜間人口といったような人口統計、商業統計、世帯年収、競合店の出店状況、行政が作成している総合計画書等々の二次データ(公開されているデータ)を分析し、また、実際の現場はどうなのか行ってみないとわからないことが多いですので車で走って、あるいは徒歩で歩いてといった現地調査もして候補地を決めます。

■店舗の商圏範囲地図:
商圏範囲は、一律に同心円で考えるのではなく、大きな幹線道路や川など地形も考慮します。



■データの一例(年収別世帯数の例):


■データの一例(【年収階級別世帯数(200~300万円未満)を地図上に色分けした例:
どのエリアにこの年収の世帯が多く居住しているかがわかります。


こういったデータの分析は、特に以前からその地域を知っていたりすると「この地域はこんなかんじ」といった先入観で持っているイメージに左右されることを避けられますし、人も場所も刻々と変化しますので今どうなのか、また人口については将来推計人口統計もありますので、5年後、10年後の予測も立てられます。行政の総合計画書は今後の開発や方向性が把握できるので参考になります。

飲食店のマーケティング調査でお尋ねがある方は、
今すぐ下記ボタンをクリックいただき、お気軽にお問合せくださいませ。
お電話のほうがよろしければ0120-964-806 までお願いいたします。

今すぐ!お問い合せ

お客様の声はこちらです