1. ホーム 
  2. メールマガジン目次 
  3. 109号「白元のミセスロイド 黄ばみ防止機能付き」

メールマガジン バックナンバー

メ-ルマガジン《女性視点(?)なマーケティング発想のヒント》

109号 「白元のミセスロイド 黄ばみ防止機能付き」2008年9月29日

こんにちは!マーケティング イノベーションの鈴木規子です。

また、たいへんご無沙汰しております。(^_^)

※お知らせ:

■新サービスを作りました!

業種業態別の顧客満足度調査です。
顧客満足度調査は正しい方法で実施すれば必ず得るものがあるマーケティング調査なので、
すべての企業様にぜひ実施してほしいと弊社では考えております。
そこで、費用を抑えて手軽に利用して頂けるようにできないかと考えました。
詳細はこちらをご覧下さい⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch12.html

1.アンケート用紙作成代行サービス
アンケート用紙だけをプロが作成代行するサービス『使える!アンケート』はおかげさまでご好評いただいておりますが、ご利用前の「どんなサービスなんだ?大丈夫か?」という不安に反して、ご利用後の「さすが、プロのアンケートだ!」と感動していただけるサービスです。
いちどご検討くださいませ。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch01.html

2.マーケティング診断サービス
「会社のマーケティング戦略、これでいいのか?」とお悩みなら、当社の「マーケティング診断サービス」で、外部の専門家の視点をご参考にされてはいかがでしょうか?

「いろいろやっているがいっこうに売上げにつながらない」というのは、やり方や方向性が間違っているのかもしれません。
現状の御社の業務内容や販促策を伺い、マーケティングの視点からの問題点と今後の方向性を診断します。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/consulting/consulting04.html

3.「ハガキアンケート調査サービス」好評発売中! 手間・ヒマ・費用がかかるハガキアンケート調査作業を格安料金で丸ごとセットにしました! 詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch13.html

◆女性視点で新しい切り口・コンセプトを提案するマーケティング会社◆
確かな市場調査・アンケート調査・マーケティングリサーチの実績と、商品開発・顧客満足向上提案でクライアント企業様の売上げアップのお手伝いをしています。



.:*:・'゜゜'・゜゜★'・:* ゜'・:*: ★ :・ ☆ .:*:・'゜゜'・:*: ★ '


Q:このメルマガって、どんなメルマガ・・・?

A:このメルマガでは、日常生活や新聞・雑誌などで目にした「お客さま発想な商品やサービス」の事例を取り上げ、ご紹介しています。
他業界の事例でも「関係ない」とお考えにならず、「自社に応用できるところはないか?」という視点で、何かのヒントにしていただけると幸いです。


-----------------------------------------------------------
●今日のお客さま発想事例 ⇒ 「白元のミセスロイド 黄ばみ防止機能付き」
-----------------------------------------------------------

●さて、今日の目次は

 1.記事紹介
 2.おボツコーナー(たまりすぎて、今回もお休みさせていただきます)
 3.あとがき


では、今日は8月29日の日経MJの記事からです。

ターゲットの生活実態をていねいにマーケティング調査するのは、商品開発の基本です。
ご参考になれば幸いです。

記事広告抜粋:

「ここ数年、市場拡大に苦戦を強いられる防虫剤市場。
白元は昨春、現ユーザーが抱える「黄ばみの悩み」に応えた画期的商品
「ミセスロイド1年防虫 黄ばみ防止機能付き」を発売、売上げは好調に推移している。

防虫剤市場は近年、縮小稽古にあるという。その要因として考えられるのは、
ライフスタイルの変化がある。かつて衣類収納は引き出しや洋服ダンスが役割を
担ってきたが、現在ではクローゼットが主流になっている。

それに伴い、大幅な衣類の入れ替えも減り、消費者には衣替えの感覚が希薄に
なってきた。

白元では、時代と共に変化する消費者のライフスタイルや収納実態の動向を
確実に把握するため、改めて市場調査をしてユーザーニーズの掘り起こしを
行った。

同社によると、衣類収納時には「虫に食われる」こと以上に「黄ばみが出る」
というトラブルが多いことが判明。さらに防虫剤にプラスされていたらよいと思う
機能でも「黄ばみ防止」がトップに挙がった。
さらに「防虫剤+黄ばみ防止機能」商品への購入意欲も既存ユーザーはもとより
ノンユーザーも高い数字を示した。」


---広告記事抜粋はここまで---


今年新発売だと思ったら、去年から発売していたんですね。知りませんでした(苦笑)

なんと、黄ばみの原因は「空気中のNOx」だそうです!・・ご存じでしたか?
それを吸着して黄ばみにくくするのだそうですよ!(^_^)
詳しくは⇒ http://www.hakugen.co.jp/products/prd3034.html 


さて今回のポイントですが、防虫剤の商品開発だからといって、
衣類の虫に対する被害状況や意識ばかりマーケティング調査するのは視点が狭いですね。

考え方としては「衣類の虫食い防止に貢献」という狭い領域から、
「衣類の収納の不満を解決」というひと枠大きい領域に視点を移したのではないでしょうか?

白元のマーケティング調査は衣類の収納についての実態と意識を調査して、
「黄ばみ防止」という不満解決・売れるコンセプトを発見したところが素晴らしいです!


当社でもクライアントに強くお勧めしているのが、この「実態や現状を客観的に把握する」
マーケティング調査です。非常に地味な感じに受け取られますが、今回の例のように領域や視点を変える、
男女別や年代別の違い、地域別の違い、経年変化による違いなど違いに注目するなど、
現状把握の中に商品開発のヒントはつまっているのです。

------------------------------------------------------------------------
 ■ここからは、この事例について「マーケティング調査をしたとしたら・・・」という
  過去にさかのぼった私の妄想の世界です。
------------------------------------------------------------------------

上にも書きましたが、マーケティング調査にあたり「領域をどう設定するか」、
つまり「仮説をどう立てるか?」がポイントです。

新商品開発にもいろいろランクがあり、まったく新しい市場を創る新商品もあれば、
既存商品の改善もあります。

この商品の場合はその中間の位置づけのように思いますが、
従来からの「衣類の虫食い防止」という機能を改善しようとしたのではなく、
「衣類の収納の不満を解決」というひと枠大きい領域に視点を移した、
つまり「仮説を立てる範囲をそこに変更した」、というところが重要なポイントです。


現状の問題点としては、記事中に「クローゼット利用が増え、大幅な衣類の
入れ替えも減り、消費者には衣替えの感覚が希薄になってきた。」とあります。
ですから、衣替えを契機にした「着なくなった衣類を防虫して仕舞う」作業が
減ったということですね。

ならば、購買を増やすには「出したり入れたりするメリハリもなく、
一年中保管・収納している状態」を前提とした商品開発が必要になりますね。


ということで、仮説としては
●クローゼットに収納している衣類を、着る季節が来ていざ着ようとしたら
着れないことがあるのではないか?その問題・不満を解決できるのではないか?

●クローゼットへの収納の仕方に、着れなくなる問題の原因があるのではないか?

などが考えられます。


マーケティングの質問項目としては

●クローゼットの収納状態の現状(できれば写真撮影)

●収納しているもの、種類、衣類以外で一緒に入れているもの

●収納の仕方(洗濯、クリーニング、アイロンなど手入れの仕方など、季節の
変わり目の収納の仕方など)

●クローゼットの利用の仕方(開け方、頻度など)

●昨シーズンのものを、今シーズンになって着ようとしたら
着れなくなっていた経験と、その理由(どうなっていたか)

●なぜそうなっていたと思うか、自身で考える改善策は?


・・・などの、現状・実態と意識を把握する質問文を作成し、
クローゼット利用者に調査を実施します。


集計・分析結果から、新商品のコンセプトを立案、モニタリングを経て、

計画(plan)⇒実行(do)⇒評価(check)⇒改善(act)で実施していきます。

株式会社マーケティング イノベーション 担当:鈴木 規子
メール⇒otoiawase■m-innovation.jp
※(スパム対策です。送信の際は■を@に変換して下さい)

ここまでお読みいただき、まことにありがとうございました!
いつでもご意見やご感想などは大歓迎です! お待ちしています(^^)
改善したり、励みにさせていただきます。

ご感想などはこちらまでお願いいたします。
⇒ mm■m-innovation.jp
(スパム対策ですので、■は@にお願いします。)

★取材・執筆依頼も大歓迎です。

※解除の方法:もし今後ご不要な場合は、すぐに解除させていただきますので、
お手数をおかけし恐縮ですがこのメールをそのまま返信していただけますでしょうか?
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

これまでのバックナンバーはこちらです
http://m-innovation.jp/melmaga/

■無料相談⇒電話での無料相談をはじめましたので、
よろしければいちどご利用ください。
http://m-innovation.jp/advice/

■当社のこれまでのマーケティング調査実績についてはこちらをどうぞ↓ http://m-innovation.jp/work/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『女性視点(?)なマーケティング発想のヒント』  発行責任者:鈴木 規子
■株式会社マーケティング イノベーション http://m-innovation.jp/
奈良県大和高田市昭和町2-2-708
■大阪・奈良・近畿圏内の市場調査・マーケティング調査はご訪問も可能です。
____________________________________________________________




  | バックナンバー目次 |  



2006年1月から、毎週1回火曜日(原則ですが)に発行している無料メールマガジンです。
(最近は忙しさにかまけて滞っておりますm(_ _)m)。
マーケティング発想のご参考に、ぜひ下記フォームよりご登録ください。