1. ホーム 
  2. メールマガジン目次 
  3. 124号「売上げアップのカギになる立地分析とは?」

メールマガジン バックナンバー

メ-ルマガジン《女性視点(?)なマーケティング発想のヒント》

124号 売上げアップのカギになる立地分析とは?2015年8月31日

◆女性視点で新しい切り口・コンセプトを提案するマーケティング会社◆
クライアント企業様から高い評価を頂いている市場調査・マーケティングリサーチ(アンケート調査・グループインタビュー調査・デプスインタビュー調査など)の実績と、新商品開発・顧客満足向上などの課題解決策提案で経営革新のお手伝いをしています。

.:*:・'゜゜'・゜゜★'・:* ゜'・:*: ★ :・ ☆ .:*:・'゜゜'・:*: ★ '

Q:このメルマガって、どんなメルマガ・・・?

A:このメルマガでは、日常生活や新聞・雑誌などで目にした「お客さま発想な商品やサービス」の事例を取り上げ、ご紹介しています。
他業界の事例でも「関係ない」とお考えにならず、「自社に応用できるところはないか?」という視点で、何かのヒントにしていただけると幸いです。


---------------------------------------------------------------------------------------------------
●今日のお客さま発想事例 ⇒ 「売上げアップのカギになる立地分析とは?」
---------------------------------------------------------------------------------------------------

■2015年8月24日の日経MJの記事からの抜粋です:


記事抜粋:

「パルが手掛ける300円均一の雑貨店「3COINS(スリーコインズ)」が若い女性を中心に人気を集めている。

経営母体がアパレル企業であることを活かし、デザイン性と実用性を兼ね備えた商品や、顧客に飽きさせない売り場づくりが強みだ。
ここ数年で急速に店舗数が増えており、今期は約30店を出店する予定。


  ---中略---

出店先が多様化してきたため、今期から店舗立地に応じたマーケティングやものづくりに取り組み始めた。
郊外、都市部、狭小店舗など、特性に応じた品ぞろえや売り場づくりを進める。

売れ筋には立地ごとに特性がある。
郊外では日よけなどのクルマ関連商品や、ランチプレート、靴下などの子ども用品がよく売れる。

外国人観光客が多い店舗では水筒やエコバッグが人気だ。
今後は店舗立地ごとのニーズの違いを分析し、店作りに生かしていく。」



---後略。記事抜粋はここまで---



当然ですが、立地によって客層は違いますので、
その立地に合ったマーケティングを実施することが売上げアップのカギとなります。

約25年前の話になりますが、
その当時勤務していたマーケティング会社でキッコーマンのヘルパー制度の企画・運営の担当をしておりまして、
関西の酒販店(1000店くらい?)をヘルパーさん(40~60代位の女性)に巡回してもらい、販促活動をする業務でした。

担当になって半年ほど経った頃、酒販店にも駅前、住宅街、商店街など
いくつかの立地特性があることに気付き、その立地別に販促策を実施すれば
売上が上がるのでは?と考え、1000店を立地と商品別売り上げ規模で分析・分類して
販促策を実施、売上げアップにつなげることができました。

3COINSのように複数の店舗がある場合には、
郊外、都市部、狭小店舗など、立地特性に応じたマーケティングを考える、ということになりますが、
これは複数店に限らず1店舗だけを経営している場合でも同様です。

もし売上不振のお店がある場合考えることは、まずは以下のことです。

・お店の商圏はどこからどこくらいの範囲か?

・今来店している顧客だけでなく、来店していただける可能性のある生活者はどんな人たちか?

・その人たちに選んでもらえる商品やサービスは何か?

その際の分析方法ですが、
●まず商圏は、徒歩か、自転車か、車か、交通手段によって違いますので、
ざっくりと半径500メートル、1キロなどで地図上で範囲を決めます。

●次に、性別、年代といったデモグラフィックデータは、総務省統計局 国勢調査の統計データを活用します。

ちなみに、奈良県大和高田市の町丁目別・年代別人口は以下のようになります。

  町丁目別・年代別人口エクセル表(一部抜粋)
     
●また、店前通行量調査もしてくださいね。

お店の前を通行する人、自転車、バイク、車別に、男女別、年代別(学生や、主婦、サラリーマンなど区別できればなお可)を
月曜日から日曜日まで、営業時間によりますが、朝から晩まで時間帯別に何人通るかを集計するのです。

1年を通して、春夏秋冬で差があるような立地なら(例えば観光地など)
その差がある時節ごとに、実施します。

●ある程度、「可能性のある生活者像」がわかってきたらご自身で考えてもいいですし、
来店客や、店前通行者にアンケートしてもいいですので、顧客に選ばれる店作りを企画していきます。

一度で完璧にできることはなかなかないですので、
何度もPDCAを繰り返し、繰り返しして、練り上げていってくださいね。


■店舗立地分析についてのご相談もお気軽におたずねください。
今すぐ問い合わせる


当社のこういった「極端な」発想ができるスキルやコンセプト提案も、クライアント様から評価されておりますので、商品開発についてのご相談などお気軽にお問合せくださいませ。

インタビュー調査のサービスの詳しいご説明はこちら をご覧ください。

■お客様の声はこちらです。
お客様の声はこちらです

株式会社マーケティング イノベーション 担当:鈴木 規子
メール⇒otoiawase■m-innovation.jp
※(スパム対策です。送信の際は■を@に変換して下さい)

ここまでお読みいただき、まことにありがとうございました!
いつでもご意見やご感想などは大歓迎です! お待ちしています(^^)
改善したり、励みにさせていただきます。

ご感想などはこちらまでお願いいたします。
⇒ mm■m-innovation.jp
(スパム対策ですので、■は@にお願いします。)

■新サービスを作りました!

業種業態別の顧客満足度調査です。
顧客満足度調査は正しい方法で実施すれば必ず得るものがあるマーケティング調査なので、
すべての企業様にぜひ実施してほしいと弊社では考えております。
そこで、費用を抑えて手軽に利用して頂けるようにできないかと考えました。
詳細はこちらをご覧下さい。

1.アンケート用紙作成代行サービス
アンケート用紙だけをプロが作成代行するサービス『使える!アンケート』はおかげさまでご好評いただいておりますが、ご利用前の「どんなサービスなんだ?大丈夫か?」という不安に反して、ご利用後の「さすが、プロのアンケートだ!」と感動していただけるサービスです。
いちどご検討くださいませ。
詳細はこちらをご覧ください。

2.マーケティング診断サービス
「会社のマーケティング戦略、これでいいのか?」とお悩みなら、当社の「マーケティング診断サービス」で、外部の専門家の視点をご参考にされてはいかがでしょうか?

「いろいろやっているがいっこうに売上げにつながらない」というのは、やり方や方向性が間違っているのかもしれません。
現状の御社の業務内容や販促策を伺い、マーケティングの視点からの問題点と今後の方向性を診断します。
詳細はこちらです。

3.「ハガキアンケート調査サービス」好評発売中! 手間・ヒマ・費用がかかるハガキアンケート調査作業を格安料金で丸ごとセットにしました!
詳細はこちらです。

★取材・執筆依頼も大歓迎です。

※解除の方法:もし今後ご不要な場合は、すぐに解除させていただきますので、
お手数をおかけし恐縮ですがこのメールをそのまま返信していただけますでしょうか?
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

これまでのバックナンバーはこちらです
http://m-innovation.jp/melmaga/

■無料相談⇒電話での無料相談をはじめましたので、
よろしければいちどご利用ください。
無料相談のお申し込み

■当社のこれまでのマーケティング調査実績についてはこちらをどうぞ↓ http://m-innovation.jp/work/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『女性視点(?)なマーケティング発想のヒント』  発行責任者:鈴木 規子
■株式会社マーケティング イノベーション http://m-innovation.jp/
奈良県大和高田市昭和町2-2-708
■大阪・奈良・近畿圏内の市場調査・マーケティング調査はご訪問も可能です。
____________________________________________________________




前号  | バックナンバー目次 |  



2006年1月から、毎週1回火曜日(原則ですが)に発行している無料メールマガジンです。
(最近は忙しさにかまけて滞っておりますm(_ _)m)。
マーケティング発想のご参考に、ぜひ下記フォームよりご登録ください。