1. ホーム 
  2. メールマガジン目次 
  3. 130号「ダイソンも、訪問調査で日本仕様の商品を開発」

メールマガジン バックナンバー

メ-ルマガジン《女性視点(?)なマーケティング発想のヒント》

130号 「ダイソンも、訪問調査で日本仕様の商品を開発」2019年9月10日

◆女性視点で新しい切り口・コンセプトを提案するマーケティング会社◆
クライアント企業様から高い評価を頂いている市場調査・マーケティングリサーチ(アンケート調査・グループインタビュー調査・デプスインタビュー調査など)の実績と、新商品開発・顧客満足向上などの課題解決策提案で経営革新のお手伝いをしています。

.:*:・'゜゜'・゜゜★'・:* ゜'・:*: ★ :・ ☆ .:*:・'゜゜'・:*: ★ '

Q:このメルマガって、どんなメルマガ・・・?
A:2006年1月から、不定期に発行しているメールマガジンです。日常生活や新聞・雑誌などで目にした「お客さま発想な商品やサービス」の事例を取り上げ、ご紹介しています。
他業界の事例でも「関係ない」とお考えにならず、「自社に応用できるところはないか?」という視点で、何かのヒントにしていただけると幸いです。


---------------------------------------------------------------------------------------------------
●今日のお客さま発想事例 ⇒ 「ダイソンも、訪問調査で日本仕様の商品を開発」
---------------------------------------------------------------------------------------------------

■今回は、ダイソンの訪問調査の活用事例です。
2019年8月30日の日経MJの記事からの抜粋です。


記事抜粋:

「英ダイソンの日本法人、ダイソンは日本の住環境向けに小型化したコードレス掃除機を発売した。同社の他モデルよりもクリーナーヘッドを40%小型化した。重量は従来モデルよりも0.5キログラム軽い2.15キロを実現した。

同社のエンジニアが日本の家庭を訪問し、日本の掃除習慣を研究して商品開発につなげた。
ゴミの捨て方も観察したといい、ゴミに触れることなくワンタッチで捨てられるようにするなど設計の工夫を凝らした。
クリーナーヘッドを小型にし、狭い部分にあるゴミも吸い取れるようにした。「細かい部分まで掃除したい」という日本人の要望に応えた。」

---記事抜粋はここまで---

商品開発のためのマーケティング調査の中でも、実際にその商品を消費者に使用してもらい、使用感や実際にどのように扱っているのかを観察しながらインタビューをする調査があります。
掃除機のように家の中で使用する商品は、調査対象者に会場に集まってもらい掃除機を使用してもらうよりも、やはり実際の使用現場であるご家庭内での使用状態を観察させて頂き、お話を伺う方が何倍も収集できる情報が多いです。消費者の無意識の行動の中に、商品開発のヒントがあることはよくあることです。

当社が実施した一例でシステムバスルームの商品開発の訪問インタビュー調査では、入浴の仕方や掃除の仕方を再現して頂いたり、脱衣場の洗濯機の設置状態、洗面台、シャワーヘッドや風呂椅子、シャンプーなどの備品や鏡等々、周辺環境の状態などあらゆる情報が商品開発のヒントになり得ます。もちろんそういった客観的情報だけでなく、消費者に使い勝手や不満点、どういったお風呂生活を夢描いて購入したかなど、意識ももれなくインタビューできるのが訪問調査のよいところです。

当社はマーケティングリサーチャーとしてインタビューと調査報告書作成まで担当していますので、システムバスルームの商品開発担当者と同行して訪問しますが、記事から想像するとダイソンの場合はエンジニアがリサーチャーの業務も実施しているようです。
そのように商品開発者がリサーチャー業務も実施できると、機動力や商品開発力が格段に高まると思われます。

当社では様々な企業様からのヒアリング調査や訪問調査を受託していますが、「企業様自身が自社でリサーチを実施できるノウハウを蓄積していくほうが、将来的には有益な場合もあるのではないか。」とも考えています。
「お客様の声を商品開発や経営改革に生かす」とはよくご存じの話だと思いますが、「ではうちの会社では、実際にどうやったらいいのか?」「調査対象者の集め方がわからない。」など、なかなかすぐに実行しにくいのではないでしょうか?

企業様の潜在的な課題の解決に役立ちたいと思い、他社では見られない一風変わったサービスもいろいろと考案している弊社ですが、ダイソンの例のようなインタビュー調査のやり方をお教えする研修サービスも致しております。
このサービスは≪御社に訪問し、御社の課題を題材に、アンケート調査のプロが実践しているノウハウを、座学と実際にヒアリング調査を実施しながらの両方で学んで頂く≫というサービスです(参加人数は6名まで可)。
ご興味がありましたらヒアリング調査の訪問研修サービスのページをご覧ください。


お問合せは、下記【今すぐ問い合わせる】ボタンをクリックいただき、問合せページの入力をお願いいたします。
お電話のほうがよろしければ0745-53-8006 でも承っております。
電話に出られない場合は、ご用件を留守電に入れて頂ければ折り返しさせて頂きます。
ご相談お待ちしております。

今すぐ問い合わせる


■クライアントの当社を利用してのコメントはこちらです。
お客様の声はこちらです

株式会社マーケティング イノベーション 担当:鈴木 規子
メール⇒otoiawase■m-innovation.jp
※(スパム対策です。送信の際は■を@に変換して下さい)

ここまでお読みいただき、まことにありがとうございました!
いつでもご意見やご感想などは大歓迎です! お待ちしています(^^)
改善したり、励みにさせていただきます。

■新サービスを作りました!

業種業態別の顧客満足度調査です。
顧客満足度調査は正しい方法で実施すれば必ず得るものがあるマーケティング調査なので、
すべての企業様にぜひ実施してほしいと弊社では考えております。
そこで、費用を抑えて手軽に利用して頂けるようにできないかと考えました。
詳細はこちらをご覧下さい。

1.アンケート用紙作成代行サービス
アンケート用紙だけをプロが作成代行するサービス『使える!アンケート』はおかげさまでご好評いただいておりますが、ご利用前の「どんなサービスなんだ?大丈夫か?」という不安に反して、ご利用後の「さすが、プロのアンケートだ!」と感動していただけるサービスです。
いちどご検討くださいませ。
詳細はこちらをご覧ください。

2.マーケティング診断サービス
「会社のマーケティング戦略、これでいいのか?」とお悩みなら、当社の「マーケティング診断サービス」で、外部の専門家の視点をご参考にされてはいかがでしょうか?

「いろいろやっているがいっこうに売上げにつながらない」というのは、やり方や方向性が間違っているのかもしれません。
現状の御社の業務内容や販促策を伺い、マーケティングの視点からの問題点と今後の方向性を診断します。
詳細はこちらです。

3.「ハガキアンケート調査サービス」好評発売中! 手間・ヒマ・費用がかかる①ハガキアンケート用紙作成作業、または②ハガキアンケート調査作業を格安料金で丸ごとセットにしました!
詳細はこちらです。

★取材・執筆依頼も大歓迎です。

※解除の方法:もし今後ご不要な場合は、すぐに解除させていただきますので、
お手数をおかけし恐縮ですがこのメールをそのまま返信していただけますでしょうか?
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

これまでのバックナンバーはこちらです
http://m-innovation.jp/melmaga/

■無料相談⇒電話での無料相談をはじめましたので、
よろしければいちどご利用ください。
無料相談のお申し込み

■当社のこれまでのマーケティング調査実績についてはこちらをどうぞ↓ http://m-innovation.jp/work/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『女性視点(?)なマーケティング発想のヒント』  発行責任者:鈴木 規子
■株式会社マーケティング イノベーション http://m-innovation.jp/
奈良県大和高田市昭和町2-2-708
■大阪・奈良・近畿圏内の市場調査・マーケティング調査はご訪問も可能です。
____________________________________________________________




前号  | バックナンバー目次 |  



2006年1月から、不定期に発行している無料メールマガジンです。
(最近は忙しさにかまけて滞っておりますm(_ _)m)。
マーケティング発想のご参考に、ぜひ下記フォームよりご登録ください。