1. ホーム 
  2. メールマガジン目次 
  3. 80号「子供を切り口にしたカー用品」

メールマガジン バックナンバー

メ-ルマガジン《女性視点(?)なマーケティング発想のヒント》

80号 「子供を切り口にしたカー用品」2007年2月18日

80号 「子供を切り口にしたカー用品」2007年2月18日

こんにちは!マーケティング イノベーションの鈴木規子です。

また、たいへんご無沙汰しております。(^_^)

※お知らせ:

■新サービスを作りました!

業種業態別の顧客満足度調査です。
顧客満足度調査は正しい方法で実施すれば必ず得るものがあるマーケティング調査なので、
すべての企業様にぜひ実施してほしいと弊社では考えております。
そこで、費用を抑えて手軽に利用して頂けるようにできないかと考えました。
詳細はこちらをご覧下さい⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch12.html

1.アンケート用紙作成代行サービス
アンケート用紙だけをプロが作成代行するサービス『使える!アンケート』はおかげさまでご好評いただいておりますが、ご利用前の「どんなサービスなんだ?大丈夫か?」という不安に反して、ご利用後の「さすが、プロのアンケートだ!」と感動していただけるサービスです。
いちどご検討くださいませ。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch01.html

2.マーケティング診断サービス
「会社のマーケティング戦略、これでいいのか?」とお悩みなら、当社の「マーケティング診断サービス」で、外部の専門家の視点をご参考にされてはいかがでしょうか?

「いろいろやっているがいっこうに売上げにつながらない」というのは、やり方や方向性が間違っているのかもしれません。
現状の御社の業務内容や販促策を伺い、マーケティングの視点からの問題点と今後の方向性を診断します。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/consulting/consulting04.html

3.「ハガキアンケート調査サービス」好評発売中! 手間・ヒマ・費用がかかるハガキアンケート調査作業を格安料金で丸ごとセットにしました! 詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch13.html

◆女性視点で新しい切り口・コンセプトを提案するマーケティング会社◆
確かな市場調査・アンケート調査・マーケティングリサーチの実績と、商品開発・顧客満足向上提案でクライアント企業様の売上げアップのお手伝いをしています。



.:*:・'゜゜'・゜゜★'・:* ゜'・:*: ★ :・ ☆ .:*:・'゜゜'・:*: ★ '


Q:このメルマガって、どんなメルマガ・・・?

A:このメルマガでは、日常生活や新聞・雑誌などで目にした「お客さま発想な商品やサービス」の事例を取り上げ、ご紹介しています。
他業界の事例でも「関係ない」とお考えにならず、「自社に応用できるところはないか?」という視点で、何かのヒントにしていただけると幸いです。


-----------------------------------------------------------
●今日のお客さま発想事例 ⇒ 「子供を切り口にしたカー用品」
-----------------------------------------------------------

今日の事例は1月26日の日経MJの記事からです。


記事抜粋:

「未就学年代の子供はトイレが我慢できなかったり車内で落ち着きなく動き回ったり。
当店(オートバックス)ではおもちゃや車内トイレなどを集めた「子供グッズ」売り場を
作っており、母親層から支持されています。

中でも後部座席の子供が前の座席をけって汚すのを防ぐ、
イー・レボリューションの「キックガード」が売れています。

以前から子供の靴の汚れを防ぐ商品はないかという問い合わせは多く、
年末にキックガードを扱い始めてから週に1-2個のペースで売れています。

菓子などを入れるのにちょうどよい小さなポケットが付いているのも人気の理由です。」

キックガードって?⇒ http://www.e-revolution.co.jp/car/funvie/kick.html


---記事抜粋はここまで---


私は子供がいないので実情はわからないのですが、
これぞ「子供を持つ母親の、あったら嬉しい不満解消カー用品」の決定版!
なのではないかと思いました(^^)。

「以前から子供の靴の汚れを防ぐ商品はないかという問い合わせは多く」という
状態ですので、かなり不満が「顕在化」している状態であったといえますね。

このように生活者の不満が顕在化している場合、それを解決する商品は
「売れる」確率が高いです。


イー・レボリューションという会社は、車生活を快適にする商品を主に作っている
ようです。(私は初めて聞いた社名でしたが、ジャスダック上場会社みたいです)

この「キックガード」は女性を対象にしたカー用品シリーズのひとつのようですが、
いいところに目を付けられていますよね!

「子供」の切り口でもまだいろいろ考えられそうですし、「高齢者」や「ペット」
といった切り口でもおもしろいものができそうです!(^^)


------------------------------------------------------------------------
 ■ここからは、この事例について「マーケティング調査をしたとしたら・・・」という
  過去にさかのぼった私の妄想の世界です。
------------------------------------------------------------------------


子供を持つ母親を対象にした商品開発ですので、
まずは「子供と一緒に車に乗っている時の困っていること」を洗い出します。

例えば

●汚す(何を汚すか・・前の座席、窓、シート、床、など)
   (何で汚すか・・靴、食べ物、筆記具、よだれ、おしっこ、など)

●動き回る (どこで動き回るか・・助手席、後部座席)
      (何をするか・・窓から乗り出す、座席に座っていない、など)

●トイレに急に行きたくなる

●運転の支障になることをしてくる

●ぐずる

●危険を感じる


といったことについて、

・子供はどんなことをするのか

・どんなときに困っているか

・どのように困っているか

などを詳細にヒアリング調査グループインタビュー調査といった定性調査で聞き取ります。
実際に車に一緒に乗って、現状を観察するのも有効です。


今回の企画では「子供が車内を汚して困っている」ことに対する不満解決商品を
提案することにしていますので、「前の座席を汚すのを防ぐもの」の商品化を
検討していきます。


(「前の座席を汚すのを防ぐもの」の商品化を検討する前に、
子供を持つ母親の不満解決商品としてどれがたくさん売れるのか?といった市場性を
つかむために、定量調査(アンケート調査)を実施することが望ましいです。)

 

こういったインタビュー調査、アンケート調査といったマーケティング調査を実施して
「前の座席を汚すのを防ぐもの」の商品コンセプトを固め、
途中で消費者の評価も聞きつつ、
計画(plan)⇒実行(do)⇒評価(check)⇒改善(act)で商品化していきます。



■■■あとがき■■■


突然ですが皆さんは天気予報のコメントでひっかかること、ないですか?

今の時期、「今日は暖かくなる」と予想される日の天気予報で、
「今日は3月下旬並みの陽気となる見込みです」と、嬉しそうなトーンで
コメントされるとき私は違和感を感じるのですが、皆さんはいかがですか?(^^)


そういうコメントを聞くたびに
「でも、それって地球温暖化の影響でしょ?喜んでていいのか?」と、
ひとりでつっこんでいます。なんか世情とズレているのではないか、と・・・。


そして、こういうコメントにもマーケティング感覚が必要なのではないかな?と
感じるのです。


天気予報のコメントのようなさりげないところでも、
生活者が「暖冬と温暖化」を意識していることをくみとったコメントにすることや、
意識していない人にはそれを啓蒙していくこともできる、
そうやって少しずつみんなの意識を高めていくことにも、天気予報だって一役買える
ような気がしませんか?(^^)。

株式会社マーケティング イノベーション 担当:鈴木 規子
メール⇒otoiawase■m-innovation.jp
※(スパム対策です。送信の際は■を@に変換して下さい)

ここまでお読みいただき、まことにありがとうございました!
いつでもご意見やご感想などは大歓迎です! お待ちしています(^^)
改善したり、励みにさせていただきます。

ご感想などはこちらまでお願いいたします。
⇒ mm■m-innovation.jp
(スパム対策ですので、■は@にお願いします。)

★取材・執筆依頼も大歓迎です。

※解除の方法:もし今後ご不要な場合は、すぐに解除させていただきますので、
お手数をおかけし恐縮ですがこのメールをそのまま返信していただけますでしょうか?
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

これまでのバックナンバーはこちらです
http://m-innovation.jp/melmaga/

■無料相談⇒電話での無料相談をはじめましたので、
よろしければいちどご利用ください。
http://m-innovation.jp/advice/

■当社のこれまでのマーケティング調査実績についてはこちらをどうぞ↓ http://m-innovation.jp/work/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『女性視点(?)なマーケティング発想のヒント』  発行責任者:鈴木 規子
■株式会社マーケティング イノベーション http://m-innovation.jp/
奈良県大和高田市昭和町2-2-708
■大阪・奈良・近畿圏内の市場調査・マーケティング調査はご訪問も可能です。
____________________________________________________________




前号  | バックナンバー目次 |  



2006年1月から、毎週1回火曜日(原則ですが)に発行している無料メールマガジンです。
(最近は忙しさにかまけて滞っておりますm(_ _)m)。
マーケティング発想のご参考に、ぜひ下記フォームよりご登録ください。