1. ホーム 
  2. メールマガジン目次 
  3. 76号「価格プレミアムがある珍しいマグです」

メールマガジン バックナンバー

メ-ルマガジン《女性視点(?)なマーケティング発想のヒント》

76号 「価格プレミアムがある珍しいマグです」2007年1月21日

76号 「価格プレミアムがある珍しいマグです」2007年1月21日

こんにちは!マーケティング イノベーションの鈴木規子です。

また、たいへんご無沙汰しております。(^_^)

※お知らせ:

■新サービスを作りました!

業種業態別の顧客満足度調査です。
顧客満足度調査は正しい方法で実施すれば必ず得るものがあるマーケティング調査なので、
すべての企業様にぜひ実施してほしいと弊社では考えております。
そこで、費用を抑えて手軽に利用して頂けるようにできないかと考えました。
詳細はこちらをご覧下さい⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch12.html

1.アンケート用紙作成代行サービス
アンケート用紙だけをプロが作成代行するサービス『使える!アンケート』はおかげさまでご好評いただいておりますが、ご利用前の「どんなサービスなんだ?大丈夫か?」という不安に反して、ご利用後の「さすが、プロのアンケートだ!」と感動していただけるサービスです。
いちどご検討くださいませ。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch01.html

2.マーケティング診断サービス
「会社のマーケティング戦略、これでいいのか?」とお悩みなら、当社の「マーケティング診断サービス」で、外部の専門家の視点をご参考にされてはいかがでしょうか?

「いろいろやっているがいっこうに売上げにつながらない」というのは、やり方や方向性が間違っているのかもしれません。
現状の御社の業務内容や販促策を伺い、マーケティングの視点からの問題点と今後の方向性を診断します。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/consulting/consulting04.html

3.「ハガキアンケート調査サービス」好評発売中! 手間・ヒマ・費用がかかるハガキアンケート調査作業を格安料金で丸ごとセットにしました! 詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch13.html

<

◆女性視点で新しい切り口・コンセプトを提案するマーケティング会社◆
確かな市場調査・アンケート調査・マーケティングリサーチの実績と、商品開発・顧客満足向上提案でクライアント企業様の売上げアップのお手伝いをしています。



.:*:・'゜゜'・゜゜★'・:* ゜'・:*: ★ :・ ☆ .:*:・'゜゜'・:*: ★ '


Q:このメルマガって、どんなメルマガ・・・?

A:このメルマガでは、日常生活や新聞・雑誌などで目にした「お客さま発想な商品やサービス」の事例を取り上げ、ご紹介しています。
他業界の事例でも「関係ない」とお考えにならず、「自社に応用できるところはないか?」という視点で、何かのヒントにしていただけると幸いです。


-----------------------------------------------------------
●今日のお客さま発想事例 ⇒ 「価格プレミアムがある珍しいマグです」
-----------------------------------------------------------

今日の事例は1月17日の日経MJの記事からです。


記事抜粋:

「飲み物を入れて持ち歩け、ゴミも出さずに済む容器「リキシールマグ」が好評だ。
ここ半年ほど販売増が続き、ある大手雑貨店では月約1200個を売る。

2625円と競合の約2倍するが、それでも一ケタ多い売れ行きという。
外出時に携帯する主婦や、オフィスで使う会社員の需要を集めているようだ。

本体はプラスチックの二重構造で、あいだにすき間を設けて保温・保冷効果を高めた。
密閉性に優れ、カバンの中で横にしてもすき間から中身が全くもれないのも特徴。
やけどをしないよう、飲み口をすり鉢状にしてゆっくり飲み物が出るよう配慮した。

(販売している会社の人の話)当社は既存のキッチン関連ツールのうち、
不便さに消費者が慣れてしまっているものを改善して商品化するのが一貫した
コンセプトだ。
今回のマグは特に宣伝もしなかったが、クチコミで評判が広まった。

各社の通販サイトにもデザインや機能性を評価する消費者のレビューが多く、
手ごたえを感じている。」


---記事抜粋はここまで---


「リキシールマグ」の楽天市場の商品情報から↓
http://review.rakuten.co.jp/item/1/196113_10002968/1.1/


↑このサイトでは、06年4月からユーザーレビュー(評価)が始まっていますので、
その頃から楽天市場で販売を始めたのかもしれません。

(フタの写真がひとつもないので、「もしかしてフタ無し?!」と
個人的には非常に心配になりますが、まさかそんなことはないですよね・・・。)



●この事例は、「安売りしない」「宣伝しなくてもクチコミで広がった」という点で
中小企業の方には参考にしていただきたい事例です。

記事中に「不便さに消費者が慣れてしまっているものを改善して商品化するのが
一貫したコンセプト」とありますように、

「現状(今現在の使用状態や使用時の意識)を把握して、
新アイデアを発想する」タイプの商品開発だといえます(消費者は不満点には
気付いていないということです)。


------------------------------------------------------------------------
 ■ここからは、この事例について「マーケティング調査をしたとしたら・・・」という
  過去にさかのぼった私の妄想の世界です。
------------------------------------------------------------------------


商品開発では、まずそのカテゴリーで現在どのような商品があるかの情報収集を
します。

この商品の場合は、「飲みものを持ち歩く」「保温・保冷できる」という特徴を持つ
商品はどのようなものがあるかをスーパー、雑貨店、ネットなどで探し、
大きさ、価格、機能性、売れ行き、購入者特性などをまとめます。


次にターゲットや利用シーンの仮説を立てます。

・家で飲んでいるお気に入りのハーブティーを会社でも飲みたいOL

・ちょっとしたお出かけをする主婦(自販機には飲みたい飲み物がない)

・ご主人にコーヒーを持たせたい奥様(朝1本の缶コーヒー代も節約できるかも)

・車で出かけるとき

・・・など。


次にマーケティング調査を実施します。
方法は詳しい話を聞くためのグループインタビュー調査と、買ってもらえるかどうかの
市場性をみるためのアンケート調査です。


質問のアプローチの仕方は、この商品の場合はふたつ考えられます。

ひとつは商品のコンセプトを問うもの(こんな大きさで、こんな機能で、
  こんなデザインの商品は欲しいですか?いくらなら買いますか? など)

もうひとつは行動の現状を把握するもの
 (たとえばOLへの質問なら、会社に行くときに飲み物を家から持って行っているか?
  どのような商品を使っているか? その商品の不満点は?
  家での好きな飲み物は?、外で購入する飲み物は?
  外で購入することについての不満点は? など)
  

このようなマーケティング調査を実施して商品コンセプトを固め、途中で消費者の評価も聞きつつ
計画(plan)⇒実行(do)⇒評価(check)⇒改善(act)で商品化していきます。



■■■あとがき■■■

先週のあとがきで「納豆が売れている話」を書きましたが、
あれ、「あるある大事典」だったんですね!
しかもねつ造とのことで、「納豆会社が大迷惑」だそうで・・・。

でも先週書いていた私の「花粉症が治った経験」は本当ですよ~(^^)
(このねつ造事件で、納豆がとばっちりを受ける(?)のは心外です!(^^;))

もう3年間、花粉症の症状は出ていませんが、今年も大丈夫でしたら
また5月頃にご報告させていただきますね(^^)


ここまでお読みいただき、まことにありがとうございました!
ご意見やご感想などを、ぜひお聞かせくださいね!
改善したり、励みにさせていただきます。

株式会社マーケティング イノベーション 担当:鈴木 規子
メール⇒otoiawase■m-innovation.jp
※(スパム対策です。送信の際は■を@に変換して下さい)

ここまでお読みいただき、まことにありがとうございました!
いつでもご意見やご感想などは大歓迎です! お待ちしています(^^)
改善したり、励みにさせていただきます。

ご感想などはこちらまでお願いいたします。
⇒ mm■m-innovation.jp
(スパム対策ですので、■は@にお願いします。)

★取材・執筆依頼も大歓迎です。

※解除の方法:もし今後ご不要な場合は、すぐに解除させていただきますので、
お手数をおかけし恐縮ですがこのメールをそのまま返信していただけますでしょうか?
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

これまでのバックナンバーはこちらです
http://m-innovation.jp/melmaga/

■無料相談⇒電話での無料相談をはじめましたので、
よろしければいちどご利用ください。
http://m-innovation.jp/advice/

■当社のこれまでのマーケティング調査実績についてはこちらをどうぞ↓ http://m-innovation.jp/work/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『女性視点(?)なマーケティング発想のヒント』  発行責任者:鈴木 規子
■株式会社マーケティング イノベーション http://m-innovation.jp/
奈良県大和高田市昭和町2-2-708
■大阪・奈良・近畿圏内の市場調査・マーケティング調査はご訪問も可能です。
____________________________________________________________




前号  | バックナンバー目次 |



2006年1月から、毎週1回火曜日(原則ですが)に発行している無料メールマガジンです。
(最近は忙しさにかまけて滞っておりますm(_ _)m)。
マーケティング発想のご参考に、ぜひ下記フォームよりご登録ください。