1. ホーム 
  2. メールマガジン目次 
  3. 43号「富里スイカ」

メールマガジン バックナンバー

メ-ルマガジン《女性視点(?)なマーケティング発想のヒント》

43号 「富里スイカ」2006年6月29日

こんにちは!マーケティング イノベーションの鈴木規子です。

また、たいへんご無沙汰しております。(^_^)

※お知らせ:

■新サービスを作りました!

業種業態別の顧客満足度調査です。
顧客満足度調査は正しい方法で実施すれば必ず得るものがあるマーケティング調査なので、
すべての企業様にぜひ実施してほしいと弊社では考えております。
そこで、費用を抑えて手軽に利用して頂けるようにできないかと考えました。
詳細はこちらをご覧下さい⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch12.html

1.アンケート用紙作成代行サービス
アンケート用紙だけをプロが作成代行するサービス『使える!アンケート』はおかげさまでご好評いただいておりますが、ご利用前の「どんなサービスなんだ?大丈夫か?」という不安に反して、ご利用後の「さすが、プロのアンケートだ!」と感動していただけるサービスです。
いちどご検討くださいませ。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch01.html

2.マーケティング診断サービス
「会社のマーケティング戦略、これでいいのか?」とお悩みなら、当社の「マーケティング診断サービス」で、外部の専門家の視点をご参考にされてはいかがでしょうか?

「いろいろやっているがいっこうに売上げにつながらない」というのは、やり方や方向性が間違っているのかもしれません。
現状の御社の業務内容や販促策を伺い、マーケティングの視点からの問題点と今後の方向性を診断します。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/consulting/consulting04.html

3.「ハガキアンケート調査サービス」好評発売中! 手間・ヒマ・費用がかかるハガキアンケート調査作業を格安料金で丸ごとセットにしました! 詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch13.html

◆女性視点で新しい切り口・コンセプトを提案するマーケティング会社◆
確かな市場調査・アンケート調査・マーケティングリサーチの実績と、商品開発・顧客満足向上提案でクライアント企業様の売上げアップのお手伝いをしています。



.:*:・'゜゜'・゜゜★'・:* ゜'・:*: ★ :・ ☆ .:*:・'゜゜'・:*: ★ '


Q:このメルマガって、どんなメルマガ・・・?

A:このメルマガでは、日常生活や新聞・雑誌などで目にした「お客さま発想な商品やサービス」の事例を取り上げ、ご紹介しています。
他業界の事例でも「関係ない」とお考えにならず、「自社に応用できるところはないか?」という視点で、何かのヒントにしていただけると幸いです。


-----------------------------------------------------------
●今日のお客さま発想事例 ⇒ 「富里スイカ」
-----------------------------------------------------------

■今日の事例は、6月26日の日経MJの記事からで、農業でも消費者の声を
聴いている事例です。

記事抜粋:

「千葉県富里市の「富里スイカ」は全国的に知名度が高く、大玉で甘いのが
特徴だ。消費者の志向が多様化するなか、生産者が積極的にスーパーの店頭に
立って消費者ニーズをくみ上げる。

出荷時期の週末には生産者らが二人一組になって県内のスーパーや百貨店の
店頭に立つ。消費者の声を生産者自らが直接聞く試みで、三年前に始めた。
その中で「歯応えがあり、食べた後も甘さが後を引く」スイカへのニーズが高い
ことが分かった。

「こういった消費者の声を品種改良に生かしている」とJA富岡市の生活部産直
事業課長は説明する。

富里スイカといえば重さ6-7キログラムの大玉だが、「冷蔵庫に入らない」
「食べきれない」といった声が寄せられるようになった。
昨年から試験的に半分の大きさの「銀のたまご」という品種の生産を始めた。
大玉に近い歯ごたえで、日持ちも大玉と同じ一週間。ただ「まだ大玉のおいしさには
かなわない」というのがJA富里市関係者らの評価だ。」


---記事抜粋はここまで---


この事例はマーケティングの4Pのうちの製品(Product)=「スイカ自体」
についてのお客さま発想事例で、「味を改良する、とか小さくする」といったことに
焦点が当てられています。


   ※マーケティングの4P(製品(Product)価格(Price)
   流通(Place)プロモーション(Promotion)って⇒
   ⇒  http://www.newswatch.co.jp/consul/basic5.htm


   4Pのかわりに、顧客視点からは4Cともいいます。↓
   ⇒ http://seig.gozaru.jp/note13.htm



私の子供の頃はスイカ用の網にはいったスイカを一玉買ってくる、というのが
普通でしたが、一世帯あたりの人数が減っている現代では記事にあるように
「食べきれない」ので小さいスイカを開発する、という発想もあるでしょうね。


スイカの消費量が減っているとすると、そういった世帯事情以外に昨今の
健康志向の流れから見ると、ダイエットや栄養素に敏感な人が増えているので
「甘いだけで、なにも体にいいことない果物」と思っている人がいるかもしれません。
(あくまでも考え方としての仮説です(^^;))

でも栄養成分を調べてみると、スイカって意外にビタミンAが多かったのです(あ、
今気付きましたが、人参など赤いものはビタミンAが多いですが、それと関係ある
のでしょうか?)。


もし仮に「スイカを食べてもいいことない」と思う人が多いとすると、
顧客志向で売上げを伸ばすには4Pのうちのプロモーションに力を入れるべきだと
いうことがいえますよね。

つまりスイカについての誤解があったり、情報不足があったりして
「スイカの良さ」が伝わっていないからです。


こんなことを考えるようになったのは、先日「大和マナ」という奈良県の野菜を
農家の方にいただきまして、奈良県人なのにそのような野菜があること自体
知らなかったのですが(^^;)、初めて食べてみたらとてもおいしかったのです。

その後、スーパーで探してみると売っていました。
以前から売られていたにもかかわらず私はまったく気付いていなかったんですね。

でも私と同じように、大和マナに限らず「その野菜や果物の良さ」を知らずに
食べずにいる人は結構いると思いませんか?

そういった「食べる機会をロスしている人」にも「その野菜や果物の良さ」を
伝えねば!などと、それ以降野菜のプロモーションについてなんとはなしに
考えるようになったのです。

スーパーによっては生産農家の顔写真を付けたり、栄養成分を解説したりしている
ところもあるようですが、それですとスーパーによって対応が違うので
「スーパーまかせ」なところがありますよね。

ですので農家の人が主体的にプロモーションできるのは「パッケージ」
ではないでしょうか?

野菜でいうところのパッケージはピーマンの袋だとか、ほうれん草をくくっている
針がねみたいなものだとか、スイカにはってあるシールだとかです。

これをもっと活用して、たとえば
「ビタミンCがレモン何個分含まれています。ビタミンCは○○に効果があります」
とか、

「ごま油で炒めて、おしょうゆでからめると、それだけでごはん二膳はいけます!」と調理法をつけたり

「農薬を減らすためにこんな努力をしている」といった説明をつけたり、

「その野菜の歴史やうんちく話を紹介するなどしてみてはどうでしょう?(^^)


今日はなんか途中から「妄想の余談」になってしまいました。
失礼いたしました(^^;)

御社のマーケティングリサーチにご興味のある方はお気軽にご相談ください(^_^)。

株式会社マーケティング イノベーション 担当:鈴木 規子
メール⇒otoiawase■m-innovation.jp
※(スパム対策です。送信の際は■を@に変換して下さい)

ここまでお読みいただき、まことにありがとうございました!
いつでもご意見やご感想などは大歓迎です! お待ちしています(^^)
改善したり、励みにさせていただきます。

ご感想などはこちらまでお願いいたします。
⇒ mm■m-innovation.jp
(スパム対策ですので、■は@にお願いします。)

★取材・執筆依頼も大歓迎です。

※解除の方法:もし今後ご不要な場合は、すぐに解除させていただきますので、
お手数をおかけし恐縮ですがこのメールをそのまま返信していただけますでしょうか?
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

これまでのバックナンバーはこちらです
http://m-innovation.jp/melmaga/

■無料相談⇒電話での無料相談をはじめましたので、
よろしければいちどご利用ください。
http://m-innovation.jp/advice/

■当社のこれまでのマーケティング調査実績についてはこちらをどうぞ↓ http://m-innovation.jp/work/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『女性視点(?)なマーケティング発想のヒント』  発行責任者:鈴木 規子
■株式会社マーケティング イノベーション http://m-innovation.jp/
奈良県大和高田市昭和町2-2-708
■大阪・奈良・近畿圏内の市場調査・マーケティング調査はご訪問も可能です。
____________________________________________________________




前号  | バックナンバー目次 |  



2006年1月から、毎週1回火曜日(原則ですが)に発行している無料メールマガジンです。
(最近は忙しさにかまけて滞っておりますm(_ _)m)。
マーケティング発想のご参考に、ぜひ下記フォームよりご登録ください。