1. ホーム 
  2. メールマガジン目次 
  3. 99号「医薬品の新コンセプト」

メールマガジン バックナンバー

メ-ルマガジン《女性視点(?)なマーケティング発想のヒント》

99号 「医薬品の新コンセプト」2007年8月28日

こんにちは!マーケティング イノベーションの鈴木規子です。

また、たいへんご無沙汰しております。(^_^)

※お知らせ:

■新サービスを作りました!

業種業態別の顧客満足度調査です。
顧客満足度調査は正しい方法で実施すれば必ず得るものがあるマーケティング調査なので、
すべての企業様にぜひ実施してほしいと弊社では考えております。
そこで、費用を抑えて手軽に利用して頂けるようにできないかと考えました。
詳細はこちらをご覧下さい⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch12.html

1.アンケート用紙作成代行サービス
アンケート用紙だけをプロが作成代行するサービス『使える!アンケート』はおかげさまでご好評いただいておりますが、ご利用前の「どんなサービスなんだ?大丈夫か?」という不安に反して、ご利用後の「さすが、プロのアンケートだ!」と感動していただけるサービスです。
いちどご検討くださいませ。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch01.html

2.マーケティング診断サービス
「会社のマーケティング戦略、これでいいのか?」とお悩みなら、当社の「マーケティング診断サービス」で、外部の専門家の視点をご参考にされてはいかがでしょうか?

「いろいろやっているがいっこうに売上げにつながらない」というのは、やり方や方向性が間違っているのかもしれません。
現状の御社の業務内容や販促策を伺い、マーケティングの視点からの問題点と今後の方向性を診断します。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/consulting/consulting04.html

3.「ハガキアンケート調査サービス」好評発売中! 手間・ヒマ・費用がかかるハガキアンケート調査作業を格安料金で丸ごとセットにしました! 詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch13.html

◆女性視点で新しい切り口・コンセプトを提案するマーケティング会社◆
確かな市場調査・アンケート調査・マーケティングリサーチの実績と、商品開発・顧客満足向上提案でクライアント企業様の売上げアップのお手伝いをしています。



.:*:・'゜゜'・゜゜★'・:* ゜'・:*: ★ :・ ☆ .:*:・'゜゜'・:*: ★ '


Q:このメルマガって、どんなメルマガ・・・?

A:このメルマガでは、日常生活や新聞・雑誌などで目にした「お客さま発想な商品やサービス」の事例を取り上げ、ご紹介しています。
他業界の事例でも「関係ない」とお考えにならず、「自社に応用できるところはないか?」という視点で、何かのヒントにしていただけると幸いです。


-----------------------------------------------------------
●今日のお客さま発想事例 ⇒ 「医薬品の新コンセプト」
-----------------------------------------------------------

こんばんは! マーケティング イノベーションの鈴木規子です。

恐縮ですが、じつは奈良新聞さんが当社のことを記事にしてくださいました!(^^)
お時間のある方はまたご覧くださいませ↓
http://m-innovation.jp/publicity.html


今日は8月17日の日経MJの記事からです。

記事抜粋:

「一般用医薬品(大衆薬)が振るわない。厚生労働省によると2005年の
生産額は90年以降でピークだった97年より3割縮小した。

消費者の健康意識の高まりという追い風を生かせず、逆に健康食品などの
攻勢を許した。長年規制に守られ、内輪の競争に明け暮れていたツケが
回ってきた格好だ。
(中略)

競合がひしめく分野にも休眠需要はある。
ロート製薬が昨年8月に発売した滋養強壮剤「ビタレスト」はカフェインを
含まず、寝る前にも飲めるのが特徴。
一年目の売上高は10億円を超えた。

きっかけは開発担当者が抱えていた小さな違和感だった。
競合ブランドは「頑張るために飲む」という。しかし、それで消費者は
本当に満足しているのか。

マーケティング調査を繰り返すうちに浮かび上がってきたのは「寝て起きても疲れがとれない」
という消費者の悩みだった。

そこでビタレストでは睡眠中に疲れをとることをうたうことにした。
ほとんどの滋養強壮剤に含まれているカフェインを抜く一方、老廃物の排出を
助けるアミノ酸や天然の生薬を配合した。

これまで滋養強壮剤とは縁の薄かった女性の購入が目立つ。

開発担当者は「消費者は常に変わっており、成熟市場にもチャンスはある」と
話す。


---記事抜粋はここまで---

このビタレストの記事には重要なポイントが2つあります。

ひとつは「業界の常識を疑う。その仮説を立てる」ということで↓この部分ですね。

《競合ブランドは「頑張るために飲む」という。しかし、それで消費者は
本当に満足しているのか。》


ふたつめは
「睡眠力(睡眠が身体を元気にするパワーのこと。今、私が勝手に思い浮かべた
言葉ですが(^^;)、)を消費者に意識させるように活用している」ということです。


ところで私は広告も、切り口がおもしろいな~と思うものは切り抜いているのですが、
最近、その中に偶然ロート製薬のものがありました。「養潤水」というものです。

この広告のキャッチコピー「昼のダメージは、夜、修復する」を見て、
これは売れるのでは?と思ったのです。


「養潤水」の例を引きましたのは、偶然なのかもしれませんが、ビタレストの
事例と併せて考えると、ロート製薬では睡眠力の活用に注目していて、

「消費者が潜在的に感じている「睡眠の力」を最大限に引き出し活用して、
からだ本来の姿に戻せるようにサポートする商品です」と訴求しているのかな?
と思ったからです。

そのコンセプトで考えると、どんどん商品の分野は広がりそうですね(スキンケア、
かぜ薬、胃腸薬、etc・・・)

------------------------------------------------------------------------
 ■ここからは、この事例について「マーケティング調査をしたとしたら・・・」という
  過去にさかのぼった私の妄想の世界です。
------------------------------------------------------------------------

記事中にあるように《競合ブランドは「頑張るために飲む」という。しかし、
それで消費者は本当に満足しているのか。》というのが企画・仮説の出発点と
なります。

これを市場調査の手順に置き換えると

1.自社と競合他社の商品とそのコンセプトを分類・分析する
 (ポジショニングマップなどで、視覚的に分類すると理解しやすい)

 ↓

2.市場調査で滋養強壮剤の利用状況と満足度合いを把握する

・調査対象:
 全体像を把握する場合は、10代後半~70代くらいまでの男女均等に。

・質問内容:
 ・利用経験(これまでの利用商品名、期間、使ったりやめたりする経験など)

 ・継続利用している人の、利用商品、期間、効果を感じるポイント、満足点

 ・現在は利用していない人のやめた理由、不満点

 ・滋養強壮剤を飲もうと思ったきっかけ1(「どこがいつどのようにだるい」と
  いったからだの状態の点から利用喚起の点から)

 ・滋養強壮剤を飲もうと思ったきっかけ2(誰かに聞いた、店頭で勧められたなど
  利用刺激の点から)

 ・滋養強壮剤により期待する状態や効果

  ↓

3.このような調査結果と、先に分析した商品コンセプトの分析結果とを分析し、
空いているポジション(今回の場合は「頑張るために飲む」ではなくて「朝、
すっきりと目覚めるために飲む」ですね)を発見します。


そして、計画(plan)⇒実行(do)⇒評価(check)⇒改善(act)で実施して
いきます。


今回は、コンセプトの空きポジションを発見した事例をご紹介させて
いただきました。

株式会社マーケティング イノベーション 担当:鈴木 規子
メール⇒otoiawase■m-innovation.jp
※(スパム対策です。送信の際は■を@に変換して下さい)

ここまでお読みいただき、まことにありがとうございました!
いつでもご意見やご感想などは大歓迎です! お待ちしています(^^)
改善したり、励みにさせていただきます。

ご感想などはこちらまでお願いいたします。
⇒ mm■m-innovation.jp
(スパム対策ですので、■は@にお願いします。)

★取材・執筆依頼も大歓迎です。

※解除の方法:もし今後ご不要な場合は、すぐに解除させていただきますので、
お手数をおかけし恐縮ですがこのメールをそのまま返信していただけますでしょうか?
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

これまでのバックナンバーはこちらです
http://m-innovation.jp/melmaga/

■無料相談⇒電話での無料相談をはじめましたので、
よろしければいちどご利用ください。
http://m-innovation.jp/advice/

■当社のこれまでのマーケティング調査実績についてはこちらをどうぞ↓ http://m-innovation.jp/work/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『女性視点(?)なマーケティング発想のヒント』  発行責任者:鈴木 規子
■株式会社マーケティング イノベーション http://m-innovation.jp/
奈良県大和高田市昭和町2-2-708
■大阪・奈良・近畿圏内の市場調査・マーケティング調査はご訪問も可能です。
____________________________________________________________




前号  | バックナンバー目次 |  



2006年1月から、毎週1回火曜日(原則ですが)に発行している無料メールマガジンです。
(最近は忙しさにかまけて滞っておりますm(_ _)m)。
マーケティング発想のご参考に、ぜひ下記フォームよりご登録ください。