1. ホーム 
  2. メールマガジン目次 
  3. 59号「○○のコンシェルジュ」

メールマガジン バックナンバー

メ-ルマガジン《女性視点(?)なマーケティング発想のヒント》

59号 「○○のコンシェルジュ」2006年9月17日

こんにちは!マーケティング イノベーションの鈴木規子です。

また、たいへんご無沙汰しております。(^_^)

※お知らせ:

■新サービスを作りました!

業種業態別の顧客満足度調査です。
顧客満足度調査は正しい方法で実施すれば必ず得るものがある調査なので、
すべての企業様にぜひ実施してほしいと弊社では考えております。
そこで、費用を抑えて手軽に利用して頂けるようにできないかと考えました。
詳細はこちらをご覧下さい⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch12.html

1.アンケート用紙作成代行サービス
アンケート用紙だけをプロが作成代行するサービス『使える!アンケート』はおかげさまでご好評いただいておりますが、ご利用前の「どんなサービスなんだ?大丈夫か?」という不安に反して、ご利用後の「さすが、プロのアンケートだ!」と感動していただけるサービスです。
いちどご検討くださいませ。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch01.html

2.マーケティング診断サービス
「会社のマーケティング戦略、これでいいのか?」とお悩みなら、当社の「マーケティング診断サービス」で、外部の専門家の視点をご参考にされてはいかがでしょうか?

「いろいろやっているがいっこうに売上げにつながらない」というのは、やり方や方向性が間違っているのかもしれません。
現状の御社の業務内容や販促策を伺い、マーケティングの視点からの問題点と今後の方向性を診断します。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/consulting/consulting04.html

3.「ハガキアンケート調査サービス」好評発売中! 手間・ヒマ・費用がかかるハガキアンケート調査作業を格安料金で丸ごとセットにしました! 詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch13.html

◆女性視点で新しい切り口・コンセプトを提案するマーケティング会社◆
確かな市場調査・アンケート調査・マーケティングリサーチの実績と、商品開発・顧客満足向上提案でクライアント企業様の売上げアップのお手伝いをしています。



.:*:・'゜゜'・゜゜★'・:* ゜'・:*: ★ :・ ☆ .:*:・'゜゜'・:*: ★ '


Q:このメルマガって、どんなメルマガ・・・?

A:このメルマガでは、日常生活や新聞・雑誌などで目にした「お客さま発想な商品やサービス」の事例を取り上げ、ご紹介しています。
他業界の事例でも「関係ない」とお考えにならず、「自社に応用できるところはないか?」という視点で、何かのヒントにしていただけると幸いです。


-----------------------------------------------------------
●今日のお客さま発想事例 ⇒ 「○○のコンシェルジュ」
-----------------------------------------------------------

今日の事例は8月20日の朝日新聞、6月5日日経MJの記事からで、
コンシェルジュの機能を取り入れて業績を伸ばしている事例です。
(表題「○○の」には「マンションの」「駐車場の」が入ります。)


朝日新聞の記事抜粋:

「住人の様々な要望に応える係員「コンシェルジュ」をマンションに派遣する事業が
伸びている。
コンシェルジュはホテルで宿泊客の観光案内や手配をする係員のこと。
ビルメンテナンス会社アール・シーは03年からマンション向けコンシェルジュの
育成に乗り出した。

一人暮らしの働く女性や高齢者、共働き家庭には、誰かに頼みたいことが
いろいろある。たとえば、急な雨のときの洗濯物の取り込み、留守中のペットの世話、
インターネットの使い方・・・。といっても管理人にも、ましてや隣近所には
頼みにくい。

「そうした住人が増えていけば、共有部のことだけを考える従来のマンション
管理業務ではニーズに対応できない」と続木社長は考えた。コンシェルジュなら、
そんな要望にも応えられ、入居者に便利さとリッチな気分を与えられる。

狙いは当たって、2人でスタートした同社のコンシェルジュは現在、横浜や京都の
10棟余りに計35人。派遣先は主に分譲マンションで、管理費に上乗せされる
料金は、戸数やサービス内容によって様々だ。高いところでは1戸当たり数万円の
上乗せになる。」


次は日経MJの記事です:

「ショッピングセンターやレストランで、もてなしを売り物にした駐車場が
続々と登場している。専門スタッフが駐車を代行する「バレーパーキング」を
はじめ、荷物の積み込みや洗車といったサービスを提供する。コンシェルジュを
配置するなど一流ホテル並みの接客は、顧客のプライドをくすぐり、固定ファンを
増やす。

質の高い駐車場サービスは買い物にも大きな影響を与えるため、今後、商業施設や
海外ブランドでサービス合戦が過熱しそうだ。

2月開業した複合商業施設、表参道ヒルズ。車での来店客を迎える駐車場ロビーでは、
来店した客が「岐阜と用品を扱っている店はどこ」「託児施設はありますか」など
スタッフに次々と質問を投げかける。これに丁寧に対応するのが2人の「駐車場
コンシェルジュ」だ。

同施設の駐車場を管理する駐車場綜合研究所の大嶋社長は「百貨店では上質感を
売り物にしているが、問題は店内と駐車場のサービスのギャップ。
今求められているのは、もてなし型駐車場で、これまでの管理型から発想を
転換しなければならない」と指摘する。


名古屋市の高級レストラン「ガーデンレストラン徳川園」。車での来店客がほとんど
という同店では昨年から優良バレーパーキングを実施している。「最初に出迎え
最後に見送るのが車回り。レストランと同レベルの接客が求められる」という。

「VIPへの特別待遇が後手だったのが駐車場。高級賃貸マンションや高級ホテルの
増加で、付加価値型の駐車場ニーズが一気に高まる」と見る。」



---記事抜粋はここまで---


ちょっと抜粋記事が長くなりましたが、マンションの事例、駐車場の事例ともに
生活者が「より高いサービスを求める潜在欲求」をつかまえて、新しいサービスの
市場を創出されているところが素晴らしいですね!


たとえば分譲マンションでも「いかに管理費を低く抑えるか、ということが課題で、
管理費の削減のためにマンション管理会社を変更する」という流れも一方で
あるわけですが、市場はひとつではなくいくつにも細分化されていますので、
「金銭的に余裕のある層が増えている」という世間の流れをまずはつかみ、
「その流れの中で自社が提案できることは何か?」を発想されている点が
注目されます。

上記事例ではビルメンテナンス会社が「マンションのコンシェルジュ」を発想し、
駐車場運営会社が「駐車場のコンシェルジュ」を発想していますね。


新商品・新サービスのコンセプトを考えるときには、その前段階に
「自社のこと」「顧客(市場)のこと」「競合のこと」について情報収集・分析を
しますが、「金銭的に余裕のある層が増えている」という世間の流れに対して、

「自社業界(たとえばマンション管理業界)が適切なサービスを提供していない」

ということに気付き、「では、潜在欲求を満たすにはどういったサービスが
よいのか?」を考えぬかれています。


このように新商品・新サービスを創造するうえでも、「自社」「顧客(市場)」
「競合」についての現状分析は重要だといえるのです。


■■■あとがき■■■

じつは私の住んでいる分譲マンションでは2年前に管理会社を変更したんです(^^;)。

デベロッパーの子会社の管理会社がマンションが、竣工当初からの管理会社だった
のですが、私が管理組合の理事になったときにいろいろと調べましたところ、
「管理費が不当に高く、修繕積立金が少なく、管理がずさん」と
さんざんな状態だったのです。

その後理事長に立候補し、管理会社変更に着手して
いろいろ悪戦苦闘しましたが別の管理会社に変えまして、
管理費は約半額になりました(^^)。

分譲マンションにお住まいの方は、一度精査されてみるとよいかもしれませんよ(^_^)。


ここまでお読みいただき、まことにありがとうございました!

株式会社マーケティング イノベーション 担当:鈴木 規子
メール⇒otoiawase■m-innovation.jp
※(スパム対策です。送信の際は■を@に変換して下さい)

ここまでお読みいただき、まことにありがとうございました!
いつでもご意見やご感想などは大歓迎です! お待ちしています(^^)
改善したり、励みにさせていただきます。

ご感想などはこちらまでお願いいたします。
⇒ mm■m-innovation.jp
(スパム対策ですので、■は@にお願いします。)

★取材・執筆依頼も大歓迎です。

※解除の方法:もし今後ご不要な場合は、すぐに解除させていただきますので、
お手数をおかけし恐縮ですがこのメールをそのまま返信していただけますでしょうか?
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

これまでのバックナンバーはこちらです
http://m-innovation.jp/melmaga/

■無料相談⇒電話での無料相談をはじめましたので、
よろしければいちどご利用ください。
http://m-innovation.jp/advice/

■当社のこれまでのマーケティング調査実績についてはこちらをどうぞ↓ http://m-innovation.jp/work/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『女性視点(?)なマーケティング発想のヒント』  発行責任者:鈴木 規子
■株式会社マーケティング イノベーション http://m-innovation.jp/
奈良県大和高田市昭和町2-2-708
■大阪・奈良・近畿圏内の市場調査・マーケティング調査はご訪問も可能です。
____________________________________________________________




前号  | バックナンバー目次 |



2006年1月から、毎週1回火曜日(原則ですが)に発行している無料メールマガジンです。
(最近は忙しさにかまけて滞っておりますm(_ _)m)。
マーケティング発想のご参考に、ぜひ下記フォームよりご登録ください。