1. ホーム 
  2. メールマガジン目次 
  3. 29号「献血に行かない理由は「針の痛さ」」

メールマガジン バックナンバー

メ-ルマガジン《女性視点(?)なマーケティング発想のヒント》

29号 「献血に行かない理由は「針の痛さ」」2006年5月11日

こんにちは!マーケティング イノベーションの鈴木規子です。

また、たいへんご無沙汰しております。(^_^)

※お知らせ:

■新サービスを作りました!

業種業態別の顧客満足度調査です。
顧客満足度調査は正しい方法で実施すれば必ず得るものがあるマーケティング調査なので、
すべての企業様にぜひ実施してほしいと弊社では考えております。
そこで、費用を抑えて手軽に利用して頂けるようにできないかと考えました。
詳細はこちらをご覧下さい⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch12.html

1.アンケート用紙作成代行サービス
アンケート用紙だけをプロが作成代行するサービス『使える!アンケート』はおかげさまでご好評いただいておりますが、ご利用前の「どんなサービスなんだ?大丈夫か?」という不安に反して、ご利用後の「さすが、プロのアンケートだ!」と感動していただけるサービスです。
いちどご検討くださいませ。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch01.html

2.マーケティング診断サービス
「会社のマーケティング戦略、これでいいのか?」とお悩みなら、当社の「マーケティング診断サービス」で、外部の専門家の視点をご参考にされてはいかがでしょうか?

「いろいろやっているがいっこうに売上げにつながらない」というのは、やり方や方向性が間違っているのかもしれません。
現状の御社の業務内容や販促策を伺い、マーケティングの視点からの問題点と今後の方向性を診断します。
詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/consulting/consulting04.html

3.「ハガキアンケート調査サービス」好評発売中! 手間・ヒマ・費用がかかるハガキアンケート調査作業を格安料金で丸ごとセットにしました! 詳細はこちらです⇒ http://m-innovation.jp/research/resarch13.html

◆女性視点で新しい切り口・コンセプトを提案するマーケティング会社◆
確かな市場調査・アンケート調査・マーケティングリサーチの実績と、商品開発・顧客満足向上提案でクライアント企業様の売上げアップのお手伝いをしています。



.:*:・'゜゜'・゜゜★'・:* ゜'・:*: ★ :・ ☆ .:*:・'゜゜'・:*: ★ '


Q:このメルマガって、どんなメルマガ・・・?

A:このメルマガでは、日常生活や新聞・雑誌などで目にした「お客さま発想な商品やサービス」の事例を取り上げ、ご紹介しています。
他業界の事例でも「関係ない」とお考えにならず、「自社に応用できるところはないか?」という視点で、何かのヒントにしていただけると幸いです。


-----------------------------------------------------------
●今日のお客さま発想事例 ⇒ 「献血に行かない理由は「針の痛さ」」
-----------------------------------------------------------

■今日の事例はお客さま発想事例ではないのですが、興味深い調査結果だと
思ったのと、「消費者意識の現状把握は役立ちますよ」というご参考に
取り上げてみました。


●「針痛いから」 若者が献血避ける理由(産経新聞 - 5月10日)

「若者が献血をしたことがない理由で最も多かったのは「針を刺すのが痛くて
嫌だから」-。厚生労働省が10~20代を対象に初めて実施した献血の
意識調査で十日、こんな結果が明らかになった。

厚労省の担当者は「現状では針の痛みをなくすのは難しいが、若者に献血に足を
運んでもらえるような具体策を考えたい」と話している。

 未経験者に献血しない理由(複数回答)を尋ねたところ「針を刺すのが痛くて
嫌だから」が29%で最も多く、次いで「なんとなく不安だから」が28%、
「健康上できないと思ったから」と「恐怖心」が23%だった。」



●献血「知らない」4人に1人…献血未経験の若者(読売新聞 - 5月11日)

「献血経験のない若者の4人に1人は、献血自体を知らなかったことが、
厚生労働省の初の「若年層献血意識調査」でわかった。

 若者の献血離れが進む中、同省は「ここまで多いとは思わなかった」と、
ショックを隠せない様子だ。

 調査は今年1月~2月、16歳から29歳までの献血経験者と未経験者
各5000人を対象にインターネットで実施。未経験者のうち
「献血を知らない」と答えたのは、26・2%に上った。

 日本赤十字社が開設している各地の献血ルームのイメージについて、
「暗い」と答えた人は、経験者の8・3%に対し、未経験者は20・6%だった。」



●アンケートの他の選択肢がどのようなものがあったのかわからないので、
真の理由が「針を刺すのが痛くて嫌だから」なのかどうかは判断が付きかねる
のですが、それは今回の主題ではないので置いておきまして、

「針を刺すのが痛くて嫌だから」が最も多いという若者意識の現状把握ができた、
という点で大きく一歩前進です。

現状が把握できれば、次にその対策を講じることができますからね(^^)。

血液用は無理なのかもしれませんが「痛くない注射針」で有名な岡野工業さんに
依頼してみるとか、
痛さを感じさせない鍼灸を一緒にやってみるとか(^^;)、
何か痛くない対策をひねり出すことができるかもしれません。


それができないなら、集客方法を編み出すとか、献血の認知率が低いのなら
認知率を高める方法を考えるなど、今回の調査して現状がつかめたことで
課題がはっきりし、打つ手の方向性が見えてきています。

献血リピーター増加にあの手この手 ↓

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2006/05/03/06.html


今回の事例は、「対象とする人たちの意識をつかむと、その後の施策が
立てやすくなる」というご参考に取り上げてみました。


------------------------------------------------------------------------
 ■おまけの情報
------------------------------------------------------------------------


高級ホテルで献血を…リッツ・カールトンが会場提供
 ◆5月22日大阪で

記事はこちら⇒http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20060502p402.htm

 ザ・リッツ・カールトン大阪が、宴会場の1室を献血会場として無料提供し、
広く一般の人に献血をしてもらう取り組みを始めるというものです。

ホテルが自慢の施設とノウハウを生かし、社会貢献の一環として献血活動をする
のは全国で初めてだということです。


さすがリッツ・カールトン大阪、素晴らしいです!


マスコミに取り上げられることは、広告費がかからず、またそれ以上に広告より
信頼性が高いので、プロモーションの一環としてプレスリリースをマスコミに
送付したりしますね。

よくマスコミに取り上げられている会社のコツとしては、
「自社で○○をするから、じゃあプレスリリースを送ってみよう。」ではなく、

「マスコミに取り上げられやすいことから逆算して、では○○のイベントを
やろう。」という方法を取られています。


例えば、そんな大企業ではない会社が、社内にびっくりするような豪華な
ワインセラーや、リラクゼーションルームを作ったりして、新卒社員獲得に
役立てているとか(ここの社長さんはマスコミに取り上げられることを意識して
こういったことをされているそうです)、

今世間で話題になっていることを商品やイベントに取り入れるとか
(方言ブームに合わせて「方言で話す自販機」を作ったなど(ダイドードリンコ)。)


申すまでもないですが、リッツ・カールトン大阪はそのように「狙って」献血場所
を提供したのではないでしょう。


(おまけのおまけ)
献血ルームにメイドさんが!? ↓

http://akiba.sakura.ne.jp/akibatv/modules/weblog/details.php?blog_id=80

御社のマーケティングリサーチにご興味のある方はお気軽にご相談ください(^_^)。

株式会社マーケティング イノベーション 担当:鈴木 規子
メール⇒otoiawase■m-innovation.jp
※(スパム対策です。送信の際は■を@に変換して下さい)

ここまでお読みいただき、まことにありがとうございました!
いつでもご意見やご感想などは大歓迎です! お待ちしています(^^)
改善したり、励みにさせていただきます。

ご感想などはこちらまでお願いいたします。
⇒ mm■m-innovation.jp
(スパム対策ですので、■は@にお願いします。)

★取材・執筆依頼も大歓迎です。

※解除の方法:もし今後ご不要な場合は、すぐに解除させていただきますので、
お手数をおかけし恐縮ですがこのメールをそのまま返信していただけますでしょうか?
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

これまでのバックナンバーはこちらです
http://m-innovation.jp/melmaga/

■無料相談⇒電話での無料相談をはじめましたので、
よろしければいちどご利用ください。
http://m-innovation.jp/advice/

■当社のこれまでのマーケティング調査実績についてはこちらをどうぞ↓ http://m-innovation.jp/work/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『女性視点(?)なマーケティング発想のヒント』  発行責任者:鈴木 規子
■株式会社マーケティング イノベーション http://m-innovation.jp/
奈良県大和高田市昭和町2-2-708
■大阪・奈良・近畿圏内の市場調査・マーケティング調査はご訪問も可能です。
____________________________________________________________




前号  | バックナンバー目次 |  



2006年1月から、毎週1回火曜日(原則ですが)に発行している無料メールマガジンです。
(最近は忙しさにかまけて滞っておりますm(_ _)m)。
マーケティング発想のご参考に、ぜひ下記フォームよりご登録ください。